みとん今治,FC今治,JFL,サッカー

GW突入!勝ち星が遠いFC今治は勝ち点3を奪えたのか!?

アラーキー

みとん今治の代表してます!三十路まっしぐら!

遠い勝ち星。

ついにGWに突入しました。

最大で9連休になる方もいらっしゃるかと思いますが、そんな中絶好の行楽日和にFC今治のホーム第4戦が開催されました。

むしろ暑すぎるというくらいの気温で半袖の方も多くいたほどいい天気でした。

この日はグルメブースにも少し変化が。

公式HPにも掲載されていたりしましたが、選手と今治の各店舗とのコラボ商品が並んでいました。

背番号13番MF玉城選手ラーメン

背番号25番DF楠美選手のネギころ焼き。

背番号8番MF上村選手の杏仁豆腐。

背番号14番FW長島選手のたこ焼き。

限定100食ということだったので、プレオーダーも含めると、すぐに売り切れていたという話もあったりと人気ぶりだったそうです。

そして会場も試合前にはベンチ外の選手たちがファンと交流していました。

試合に出てなくてもできることをやろうという姿勢です。

ベンチに入れない悔しい想いを持つ中でもファンのために動いているように見えました。

レディースの子達とロンパースを手売りする選手も。

果たして売れたのでしょうか。

そして今日の試合前には、劇団EXILEから小澤雄太さん、小野塚勇人さん、八木将康さんが広報部長として駆けつけ、子供達と一緒にPK対決を。

なんとも微笑ましい。

2チームに分かれての対戦です。

まずは一人目。こんな経験子供のころにできたら絶対サッカー好きになりますよね。

これだけの観客がいる中でPKでさらにみんなから拍手もらえるって幸せですよね。

そして二人目。

ゴールかどうかはもうすでにほとんど意味をなしません。

大人の優しさが溢れ出します。

そしてなんと子供キッカーは3人しか撮れていないことに気づきます。

どうもすみません。

そして最後は劇団EXILEのお二人。

もう圧倒的に絵になりますよ。

見事ゴールを決めてゴール裏席のお客さんもなかなかこうしたイベントがこちらで行われることがないので盛り上がったんじゃないでしょうか。

さて。

随分と今日は前置きが長いんじゃないかと思った方もいると思います。

そうです。

長めです。

理由は2つ。

まず一つは、カメラの調子が悪すぎて後半ほとんど写真が撮れなかったということ。

カメラの買い替えも検討中です。。。

そしてもう一つは、「ゴールが決まっていないこと」です。

つまり、圧倒的に画が変わらないんです。

なので、前置きをボリューム多めにお届けしました。


では試合にいきましょう!

本日はイオンモール今治新都市マッチデー。

子供達のリラックス感がいつもに増していい感じです。

この日はスタメンが少し変わる布陣。

今シーズンFC大阪から移籍してきた背番号15番DF水谷尚貴選手

最近パーマをあてました。

今シーズン公式戦初出場となります。

この日もゲームキャプテンは背番号25番DF楠美圭史選手

この日はいつものセンターバックのポジションから一つ前でプレイ。

久しぶりに先発に復帰し、前線で躍動感をもってプレイした背番号18番MF小野田将人選手。

後ろから大きな声でリーダーシップを発揮し、セットプレーではヘディングで惜しいシーンも作った背番号2番DF太田康介選手

左サイドで起用される機会が増え、この日はチーム最多の3本のシュートを放った、刈り上げも絶好調の背番号26番DF西埜植颯斗(ニシノウエハヤト)選手。

この日も中盤で豊富な運動量で攻撃を牽引した背番号24番MF三田尚希選手。

スタメンに名を連ねることが多り、この日はサイドバックで出場した背番号27番MF山田貴文選手。

後半途中から出場し、惜しいシュートを放った背番号16番片井巧選手。

この試合が今シーズン公式戦初出場です。

試合後話を聞くと、

「初出場というのはもちろん嬉しいんですけど、もう少しシュートも打てたし、もっとやれたという気持ちの方が強くてモヤモヤした気持ちが残りました。守備の面でも軽いプレイだったりでピンチになったりしたので、反省する部分も多くて試合感というところでもっとコンディションも上がっていくと思います。」
「長かったですけどようやくスタート切れました。」

と安堵の表情で試合を振り返ってくれました。

そしてさらに今シーズン夢スタ初出場の背番号29番FW飯泉涼矢選手。

今治にはないタイプの長身でボールを収めることのできる選手。

試合後のコメントでは「結果が出せなかったことが何より残念だ」ということでした。

「監督からの指示はとにかく動き回れということだったんですけど、多くの観客のみなさんの声援は初めての経験だったので期待を感じることができました。」と夢スタ初出場を語りました。

奮闘むなしく、ファイナルスコアは0−0のスコアレスドローで終了しました。

観客数も、3,152人

前回の数字からは大きく伸ばしたものの、4,000人には程遠い数字。

集客の面でもなかなか厳しい結果が出ております。

前期の順位も6位という昨年の位置まで落ちてきてしまいました。

ホームでは開幕戦しか勝てていない状況です。

ゴールもなかなか見れない状況が続いております。

「負けても楽しんでもらえるイベントを」というものの、やはりファンが求めるのはゴールであり、勝利であり、J3への昇格。

やっぱりゴールのない試合は楽しくはないですよね。

今別件で選手へのインタビューをさせてもらっておりますが、誰も下を向いている人はいません。

レギュラー争いが激しくなっているため自分のポジションを確保することに常に真剣に取り組んでいます。

プライベートからサッカーへ捧げる選手も多くいます。

まだなかなか結果は出ていませんが、市民のみんなでいろんな意見を出し合って支えていきましょう。

以前からずっと言っておりますが、これはお祭りなんです。

みんなでぜひ神輿をかついで楽しんでみましょう。

直接ご意見が言いにくいという方はぜひみとん今治にも意見をいただければと思います。

一緒にいろいろと考えて、よりよい今治のコンテンツになるようにしていきましょう。

面白くなるのをただ待っているだけではなかなか厳しい状況です。

自分から楽しめる方法をそれぞれ発見して楽しんでいきましょう!

 

次のホーム戦はゴールデンウィーク最終日!5月6日です!

次こそ勝ってくれ〜!

FC今治HP