相手の攻撃を無力化する長身DF水谷尚貴選手。

アラーキー

みとん今治の代表してます!三十路まっしぐら!

相手の攻撃を無力化する男。

新加入選手の3人目の紹介は、相手の攻撃を身体を張って食い止める長身DF水谷尚貴選手です。

強面との印象とは全く逆の子供が大好きな優しい選手です。

意外とおちゃめな水谷選手の素顔をちょこっとのぞいてみてください。

今治に来るまで。

同じJFLのカテゴリーFC大阪から移籍してきた水谷選手。

実は生まれてこのかたずっと大阪ので過ごした生粋の関西人。

(※FC大阪HPより)

小中高、大学を大阪で過ごし、卒業してからずっとFC大阪で過ごしてきた選手が初の地方への挑戦を選んだ理由、その人物像に迫っていきます。

加入のきっかけ。

現在27歳の水谷選手。

実は長年過ごしてきたFC大阪からの移籍というのを昨年から模索していた時期だと言います。

「年齢を考えると、なかなかJ3に上がることのできない状態のFC大阪にいても上が見えないということもあって、以前の同僚の桑島選手に話を聞いたりして練習参加しました。」

実はFC今治のさっきの得点王桑島良汰選手とはFC大阪時代は同僚だったんです。

そこで練習参加し、このチームでという気持ちを決め「上のJの舞台を目指せることと、サッカーに集中する環境が抜群にいい」という今治への加入を決定しました。

今治でのチャレンジングな生活がここから始まります。

今治の印象。

初の地方が今治という地域だったわけですが、

「今治はサッカーできる環境がほんとに抜群ですね。大阪ではプロチームはもちろん、いろんな競技や学生もスポーツが盛んなので練習も転々としてたので、そういう部分では苦労しましたね。」

「この間の練習試合でもめっちゃ人が入ってたのでびっくりしました。」

と大阪時代の環境とは大きく違うことにとまどいと喜びを感じている様子でした。

また、チームメイトとの関係を聞いてみると、

「ぼく自分がめっちゃ子供って言われるんですよ。笑 なので年下とか全然昔は好きじゃなかったんですけど、最近はなんとかなじめるようになったと思ってます。笑」

(先日のキックオフパーティーの様子。後輩とも仲良しの様です。)

ただ、子供となると大好きみたいで、「子供はめっちゃ好きなんで、勉強得意ではないんですけど、塾の講師をやろうと思ってます。」

どうやら今治の地域になじむ準備を整っているみたいです。

普段はあまり家にいたくない性格らしく、起きたら「とりあえず外に出る」tp話す水谷選手。

今治で行ったお店で印象に残ったお店は、「麺舞龍e」さんらしいです。

もしかするといつか出くわす人が出てくるかもしれませんね。

自分の特徴。

小さい頃からずっと身体を張って相手攻撃をつぶすことが得意だったと話す水谷選手。

FC今治のサッカーは今までやってきたことと「真逆」だと表現します。

常に頭を使うサッカーに戸惑いを感じながらも、「新鮮さはかなりあるので、自分にない力がつくと思ってます。」と苦手分野の克服に前向きな姿勢を貫いています。

「リスク管理の部分で相手の得点は防げるので、身体を張ったディフェンスに加え、頭を使った対応で攻撃をシャットアウトします。」

そんな水谷選手の目標とする選手は、世界ナンバーワンのDFの呼び声も高いセルヒオ・ラモス選手。ぜひこの動画を見て水谷選手のイメージをしておいてください。

この選手と同じ様にセットプレーになると前線での得点もきっと狙ってくれるはずです。

同じようなプレイをしてくれると約束してくれました。

今シーズンの抱負。

最後に今シーズンの抱負を聞いてみました。

「なんといってもJ3への昇格ですね。その中で自分としては全試合出場を目指します。」と力強く語ってくれました。

そして、「前に出れば必ずターゲットになるのでなかなか得点は難しいかもしれないですけど、得点も決めることができればいいですね。」

彼が相手の攻撃を止め、J3への昇格を導いてくれるはずです。

体を張った魂の溢れる守備にぜひご期待ください。

開幕まであと9日!だよ。

FC今治公式プロフィールページ

水谷選手Twitter