日本一を知る甘いマスクの愛媛出身MF山田貴文選手。

アラーキー

みとん今治の代表してます!三十路まっしぐら!

甘いマスクと正確なプレイの持ち主。

新加入選手7人目は、こちらも愛媛県出身の甘いマスクを持つ女性ファン必見の背番号27番MF山田貴文選手です。

日本一を何度も経験したことのある選手です。

中学以来帰還した地元愛媛の地で今シーズンの活躍が大いに期待されます。

(まだ彼の素敵な笑顔を引き出すことができておりません。謝)

甘いマスクに見え隠れする熱いサッカーへの情熱をご紹介します。

今治に来るまで。

愛媛県の出身の山田選手。

とはいうものの、実は中学時代から県外に武者修行。

愛媛の地元の中学ではなく、中高一貫校でサッカーの強豪校である宮崎県の日章学園に進学します。

その日章学園時代に日本一を経験し、その後大阪体育大学へ進学。

(ゲキサカより引用。大阪体育大学時代)※左から2番目が山田選手

ここでも、全日本大学サッカー選手権大会で優勝。

サッカー人生で合計4度も日本一に輝く実績を持つ選手です。

そんな山田選手が選んだ道は、JFLのホンダロックSCへの加入。

3シーズンホンダロックSCでプレイし、今治への加入が決定しました。

加入のきっかけ。

ではどのようにして地元愛媛のFC今治への加入を実現したのか。

実は意外なルーツがあり、

「実は中高(日章学園)時代に吉武監督に指導してもらってたことがあるんです。(※吉武監督はかつて大分県で教鞭をとっていた。)それでぼくを覚えてくれていて、昨シーズンの前期の宮崎での試合で、冗談で『うち来いよ』と声をかけられてたんです。」

そんな声もあってか、昨シーズンの夏くらいから移籍を考え始めていたといい、練習参加なども行うように。

ただ、ホンダロックSCから移籍するということは、「安定を捨てること」を意味します。

「やっぱり将来の不安がないというのはかなり捨てがたいんですけど、今チャレンジしないと一生後悔するんじゃないか。」と次第に考えるようになり、移籍を決意。

かくしてホンダロックの貴公子が今治へやってきました。

今治の印象。

松山の出身の山田選手。

父方の実家が今治の大島だったこともあり、ルーツは今治にあったことが判明。

こうなると一気に親近感が増します。

街の雰囲気も「意外と栄えてるなぁ」という印象だそうです。

ただ、山田選手もGK岡田選手同様、松山から通っているということもあり、まだまだ今治を楽しめるまでには至ってないようです。

チームの印象を聞くと、

対戦相手として対峙していた時は、「攻撃的なチームで常に相手を押し込んで攻撃してくるのでしんどかったです。」と話し、いざ入ってみると、

「まだまだわけがわかってないですね。とりあえず今は無理やり詰め込んでる段階です。ただ、若い選手も多くてコミュニケーション取りやすいので、アウトプットとインプットをお互いにうまく共有し合えていると思います。

(キックオフパーティーで子供のTシャツにサインをする山田選手)

ただ、こうしてサッカーのことだけを考えることができることが彼にとっては新鮮で、

「ホンダロック時代はフルタイムで働いてから、夜に練習というスケジュールだったので、こうしてサッカー漬けでいれることが今はすごく幸せです。」とその環境の変化への喜びを話してくれました。

自分の特徴。

山田選手のまずすぐに目に付く特徴はその甘いマスク。

イケメンと呼ばれることについて本人に聞いてみると、

「言われるのは嬉しいんですけど、ただただ恥ずかしいですね。汗」

インタビューをしてても初めは随分と警戒されてたように、かなりの恥ずかしがりだそうです。

ただ、本当の彼のストロングポイントはあまり目に見えにくい部分だったりします。

「たぶん人より優れてるところは、雰囲気を感じ取れることだと思います。サッカー人生で4回日本一を経験してるんですけど、大事な場面とか勝負どころを読める能力が強みだと思います。」

日本代表だと、派手なプレイはないけど、大事なところでいつもその人がいるという点では、長谷部選手のようなイメージだと当てはめていただきました。

今シーズンの抱負。

そんな山田選手がチャレンジという言葉で選んだFC今治で迎える今シーズン。

「個人としてはポジション的に多くの得点をできるところではないので、とりあえず全試合フル出場ですかね。その上で、アシストをできるだけ、、、10くらいいけばいいですね。」

今シーズは昇格という絶対的な命題がある中で、さらに求められる部分は「優勝」という2文字。

優勝経験を多く持つ勝者のメンタルが確実に必要になってきます。

「練習試合でも1,000人を超えるお客さんが来てくれて、ここまで注目されたことは今までなかったので、プレッシャーに感じることはもちろんあります。」

「ただ、昇格するのは当たり前だという意識で臨んでます。当たり前のことを当たり前に成し遂げます。かつ、今治のみなさんに楽しんでもらえるサッカーを実現します。

力強く語るその表情は、歩んできた勝者の経験の自信と、地元愛媛で挑戦することを選んだ強い覚悟が見て取れました。

今治のサッカーで自分自身もレベルアップができると語る山田選手。

サッカー人生で5度目に当たる優勝という経験を今治にもたらしてくれる選手です。

派手な活躍ではなく、当たり前のことを当たり前にやってのける。

その技術と精神でチームに安定をもたらしてくれることを期待しましょう。

JFL開幕まであと5日!

FC今治公式プロフィールページ

山田選手Twitter

第一弾「今治の守護神へ。愛媛出身GK岡田慎司選手。」

第二弾「Jリーグ昇格の味を知るベテランDF太田康介選手。」

第三弾「相手の攻撃を無力化する長身DF水谷尚貴選手。」

第四弾「名門から今治へ。そして海外を目指すFW片井巧選手。」

第五弾「愛媛出身、得点王に最も近い男。FW有間潤選手。」

第六弾「チーム随一の頭脳を持つハードワーカーDF西埜植颯斗選手。」