見近島=伯方ビーチ塩アイス♪しまなみカブツーリング


大島石のカフェの特製牛すじカレー食べて続いて向かうは宮窪、
村上水軍所縁の島々を横目にひた走る沿岸線(いずれup^^;)


「伯方大橋」目指して、しまなみ海道サイクリングロード経由して


関所(料金所)からしまなみ高速道賂の側道へと移行し、

『びゅんびゅん飛ばす本線の車を横目に』
『 ウェ~ブを起こすタイカブ110号 』

走りながらも我がままな僕は不意に
スロ~~~なギアにしてくれとバイクに言う(‘-‘*)
車輪は鈍感に、視線でキャッチした景色は敏感にね(*⌒▽⌒*)


ココの景色は来ればいつも立ち止まって写真撮る場所で、
自称見近島ビ~チ すっごく開放感あって好きなんですよね~
この感じ、この開放感が☆めっ~ちゃいい↑


この日はキャンプ張ってるライダー達も遠目に発見できて
ちょっと下見がてら降りてみよう~


位置的には、大島から伯方島に架かる伯方大橋のあいだの
ちょうど橋桁の基礎部分に見近島はあります。

ちなみにこの島へのアクセスは、しまなみ海道の側道しか
降りる道はなくて、本線からは繋がってないので貴重です
「ちょっとした陸の孤島ぽくて」まさに見近な無人島リゾ~ト
近からず遠からずな独立感を満喫できる場所。


得した気分に浸りながら降りてみればキャンプインしてる
ライダーさんが出発の準備をしてました。


此方、見近島は無人島でありながらキャンプ場として設置してあり
トイレや水道は勿論のこと、


海岸傍はシッカリと防波堤もあり、波を受ける心配も無く、
キャンプを張る場所には芝生が広々と敷き詰められて
まさにキャンプリゾートとして知る人ぞ知る見近島なんです。


橋から眺めた通りの広々した敷地は盛春の訪れと共に
芝生も色濃く変化を遂げるだろう


↑↑↑見近島から連絡橋を快走して向かうは伯方島伯方ビ~チ


今日は【伯方の塩:ほわッと美味!】決まりでっす^^@

/伯方の塩ソフトクリ~ム/
塩の旨みを`ほんのりと感じて`ジワジワ口溶けて
甘味へと変化してゆくトロける美味は絶品です

この瀬戸内に温かな光と色が伴えばホント鬼に金棒だよ、
今回の旅(プチツー)がこれから来る夏の予感を感じさせる
貴重な経験となりました。

季節変われば景色も変わり

       心に色灯す高揚感求めて

            今日も旅にでよう ♪