わたしと宇宙展 ~奇跡の地球に生きる~

10月30日(水)~11月5日(火)までテクスポート今治で「わたしと宇宙展」が開催されています。時間は 10:00~20:00です。

初日にはオープニングセレモニーが行われ、松山の「アトム宇宙探検隊」による鉄腕アトムの合唱から始まりました。

その後、関係者によるテープカットが行われ開場となりました。

その後、鑑賞会となりました。

入って最初に目につくのは、本物の月の縮小版「月球儀」の展示が有ります。何時も見ている月の表側も裏側も見ることが出来ます。

隣には、「宇宙服のレプリカ」があり後ろから顔を出して記念撮影が出来ます。
本物の宇宙服は、13億円くらい掛かり、日本には1体しかないそうです。

宇宙服と並んで、月面車が有ります。

アポロ計画、15号・16号・17号の時に使われていた月面車で、この図面をNASAから取り寄せて忠実に再現した物だそうです。本物のサイズの3/4の大きさです。

タイヤは地球使用なので本物とは違うみたいですが、その他は同じ形で再現しているそうです。
乗ることは出来ないが隣で撮影は可能です。

次は、体験特設ステージです。
足型の上に立つと用意されている様々な宇宙のキャラクターと一緒に映し出され、月面体験が出来ます。写真・ビデオで撮影して楽しんでください。

大きく目を引くのは、小惑星探査機「はやぶさ」の模型です。実物の1/2の大きさの模型です。

隕石を見てみようというコーナーでは、4種類の本物の隕石を顕微鏡やルーペを使って見てみることが出来ます。きれいな隕石もありますよ。

隣りに並んで、手にとって遊べるコーナーが有ります。
惑星の重力体験をすることが出来ます。

奥に進むと、ハッブル宇宙望遠鏡で撮影された宇宙の写真の展示があります。

一番奥には、月の石のコーナーがあります。
今回の目玉である、本物の月の石の展示です。かつての大阪万博で展示(アポロ15号が持ち帰った物)されていたものを特別に展示しています。

月面に初めて降り立った「アームストロング船長」交信音声が流れています。

当然、英語で話していますが、内容はあの有名な言葉です。

「これはひとりの人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な一歩である」

iPad上でデジタルアートとして塗り絵や宇宙クイズのコーナーがあり楽しむコーナーもあります。

出口前には、地元の愛媛の子どもたちが書いた「ぼくの夢・わたしの夢」のロケット型の紙が張られています。

 

※場所によっては、写真撮影・ビデオ撮影が禁止となっています。スタッフの指示にしたがって鑑賞してください。今回の写真は、許可を取って撮影しています。

 

関連記事一覧

イベント情報を募集しています。

掲載は無料!

みとん今治では、イベント情報をイベントカレンダーに無料で掲載することが可能です。ぜひいろんな情報をお寄せください。

イベント情報

5月 2020
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
2020.04.27 2020.04.28 2020.04.29 2020.04.30 2020.05.1 2020.05.2 2020.05.3
2020.05.4 2020.05.5 2020.05.6 2020.05.7 2020.05.8 2020.05.9 2020.05.10
2020.05.11 2020.05.12 2020.05.13 2020.05.14 2020.05.15 2020.05.16 2020.05.17
2020.05.18 2020.05.19 2020.05.20 2020.05.21 2020.05.22 2020.05.23 2020.05.24
2020.05.25 2020.05.26 2020.05.27 2020.05.28 2020.05.29 2020.05.30 2020.05.31