ehime,imabari,みとん今治,イオンホール,イオンモール新都市,スマボ,レディース&ママ防災カフェ,今治,南海トラフ巨大地震,女性目線,市民グループ,防災ネットワーク

イオンホールで「防災おやこカフェ」開催

Hirohito

 

~家族の笑顔を守るために~

女性が中心となって、家族と地域を守る防災ネットワークづくりを呼びかけている今治市の市民グループ「レディース&ママ防災カフェ」(中井優子代表)の活動イベントが12月9日イオンモール新都市の2階「イオンホール」で行われました。

 

(社)スマートサイバープロジェクト特別講師「かもんまゆ」氏を招いてシンポジウムも行われました。

今回の活動イベントの目玉は、主婦らのグループ「レディース&ママ防災カフェ」が防災パンフレット「IMABARIスマート防災ノート(スマボ)」(B6判、16ページ)をこのほど製作しそのお披露目です。

防災パンフ「スマボ」は、女性目線・生活者視点で作られており、イラストを多用し、避難所必携品や備蓄のチェックリスト、家具の固定法、簡易トイレの作り方などを掲載していて「親しみやすく携帯しやすい自信作」と中井優子代表も言われています。

近いうちに「南海トラフ巨大地震」が発生すると言われています。
政府の中央防災会議は、科学的に想定される最大クラスの南海トラフ地震(以下、「南海トラフ巨大地震」という)が発生した際の被害想定によれば、南海トラフ巨大地震がひとたび発生すると、静岡県から宮崎県にかけての一部では震度7となる可能性があるほか、それに隣接する周辺の広い地域では震度6強から6弱の強い揺れになると想定されています。

また、関東地方から九州地方にかけての太平洋沿岸の広い地域に10mを超える大津波の襲来が想定されています。

是非、「スマボ」を活用し日頃から備えてほしいものです。

 

防災パンフ「スマボ」のお問い合わせ。
レディース&ママ防災カフェ (担当者:鴨川)090-4785-6802
中井代表=電話090(1573)6365
1万部作り、同グループのワークショップなどで無料配布する予定。