みとん今治,春祭り,継ぎ獅子,イベント,伝統芸能

今治地方春祭り

5月3日から今治地方の春祭りが始まりました。
祭り初日は、家から近い野間神社の例大祭へ行ってきました。ここでは、神宮獅子舞保存会、宅間獅子連中、野間獅子連中、矢田獅子保存会、延喜獅子舞保存会の5団体が獅子舞を披露されます。

鳥居を入ると出店が並んで良い匂いがします。お祭りには欠かせませんね。

神社にはすでに神輿が運ばれていて春祭りの始まりを待っていました。

8:30にパンパン花火が上がり春祭りの始まりです。
まず、神社本殿の中で早乙女による「浦安の舞」が奉納されました。

続いて、獅子舞が披露されます。神社本殿前での獅子舞の後、神社の周りを時計回りに一周します。

次は、いよいよ石段を降りて行きます。まず初めに降りて行くのは大名行列です。ゆっくりと降りて行きます。途中、やりの受け渡し等のパフォーマンスもあります。

今年は外国の方も参加していました。

下には沢山の見物客が集まっています。

続いて降りるのは、市指定の無形民俗文化財で『わらみこし』稲わらを鳳凰の形に編んだお神輿が子ども達に担がれて降りて行きます。

続いては、紺原の舟神輿が降りて行きます。結構大きいので大変です。

続いてはいよいよ獅子連が降ります。石段を獅子舞をしながら降りて行きます。各獅子連ごとに色々と工夫を凝らしたパフォーマンスが行われます。

石段を舞いながら降りてきて中段と石段下で継獅子が披露されます。3人が積み上がる「三継ぎ」4にんの「四継ぎ」 最上部の獅子児(ししこ)が扇や鈴を持って勇壮に舞を舞って奉納を行います。この継ぎ獅子は、愛媛県の無形民俗文化財に指定されています。

下に降りるとそこでも獅子舞や継ぎ獅子が披露され、最後に獅子の背中に獅子児たちが乗って、餅つきの演技をした後、お餅投げをします。

その後、各々の地区に向かい各地区を回ります。

 

神宮野間神社

愛媛県今治市神宮甲699
TEL:0898-23-2587