2日間の夏の宴が開催。3年ぶりのおんまく。花火に歓喜。

花火にダンスに音頭に歓喜。

 

今治で最大のイベント。

夏祭りの王様「おんまく」が8月6日7日の二日間にわたり開催されました。

記事を書いている現在も多くの人で商店街がにぎわい、花火の音が届いています。

写真はのちに追加していくとして、昨日の本祭りの写真を中心にお届けします。

規模を大きく縮小してスタートした2022年のおんまく。

すべての人が満足のいくイベントではなかったかもしれません。

 

そんな中開催に尽力していただいたみなさんにまずは感謝の意を。

 

今年はおもにはーばりーを中心に、商店街ではなく広小路で多くのイベントが開催。

ダンスや木山音頭では直前にも出場者が辞退するなど、今年ならではの結果となりました。

苦渋の決断をされた方も多くいらっしゃったかと思います。

それでもなお参加できたみなさんは元気いっぱい。

今までのうっぷんを晴らさんとばかりのパフォーマンスでした。

はーばりーでは自衛隊車両の展示。

はしご操法なども披露。

お昼から夕方にかけてははーばりーでのイベントが開催。

夕方からは広小路。

およそ半分くらいの演者が登場します。

 

躍動感あふれるダンス。

趣向を凝らしたダンス。

いろんな団体が広小路を彩りました。

また、ジャパニーズスタイルの音頭。

こちらも味わい深い日本の伝統文化です。

 

感染症対策をしながらのイベント参加とはなりましたが、笑顔あふれる2022年のおんまくでした。

いろんな姿を見ることができたおんまく。

夏の風物詩が終わりを迎えます。

来年もまたこの風景を見ることができることを期待して。

残りの時間、西日本最大級の花火をお楽しみください。

 


続いて2日目の写真を追加で。

お昼から多くの人で賑わう「花火の日」。

太鼓の音が商店街を響き渡らせます。

伝統芸能が爆発する日。

それがおんまくの「後祭り」。

花火はなくとも、人が集まります。

春祭りもなくなる中、継獅子も披露。

こちらも規模は縮小されながら実施されました。

個人的には獅子舞大好きなので、見入ってしまいました。

商店街が人であふれる様子。

マスクこそあるものの、3年ぶりの開催で以前のおんまくが帰ってきたようでした。

最後は花火。

みなさん楽しんだんじゃないでしょうか。

 

後日動画も更新しますので、ぜひお楽しみに!

 

おんまくHP

関連記事一覧