赤提灯に寄せられて、暖をとる。

日付変わって0時過ぎ。

今日の夜食に中華そば。

赤提灯に引き寄せられて、ふらっと入ってしまいそうな屋台。

毎日出して片付けてと、大変な営業スタイルだけど、屋台ってとっても魅力的なのは何でだろう。

寒い夜、足元は冷たい風がビュー。

向こう側におでん発見。

聞くとテンポよくおでんダネを教えてくれた。

こんにゃくや大根、ニシ貝などもあるらしい。

厚揚げなんて正方形のままだ。

飲んだ後にはもってこいのあっさり味の中華そば。

これなら胃もたれもしなさそうな優しい味だ。

先に帰ったお客は、おでんアテに瓶ビール引っ掛けていた。

そんな過ごし方もオツなものだ。

 

誰でも受け入れてくれる、きっと中はあったかい。

そんな思いが足を向かせる。

いいなぁ屋台って。あったかいなぁ。

京楽軒

定休日: 日曜日