ehime, imabari, ふっこう周遊割, みとん今治, 今治, 平成30年7月豪雨, 復興支援, 愛媛, 旅行

11月まで宿泊費が最大6000円安くなる!?ふっこう周遊割スタート!

アラーキー

みとん今治の代表してます!三十路まっしぐら!

復興支援はとにかく旅行者を!

みなさんご存知でしょうか。

「11府県ふっこう周遊割」というものが8月末からスタートしたことを。

タイトルにある通り、対象の府県に宿泊すると、最大6,000円補助を受けることができるというものです。

詳しく言うと、「旅行者が対象となる2府県以上をまたぐ、合計2泊以上の連続した宿泊に対して支援金を交付されるものと、ボランティア活動に参加する方が対象府県において行った2泊以上の連続した宿泊に対して支援金を交付されるもの」です。

赤字になっているところがポイントで、その対象府県は、「岐阜県、京都府(京都市を除く)、兵庫県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、愛媛県、高知県、福岡県」です。

対象府県に「連続で2泊以上」が条件です。

つまり、愛媛→香川(対象外)→高知の順番では、対象となりません

そして、対象府県によって補助される金額も異なります。

岡山・広島・愛媛→6,000円
その他の8府県→4,000円の割引が受けられます。


○ツアーを申し込む場合・・・この場合は2通りあり、割引された状態でツアーを申し込む場合と、ツアー利用後自ら申請をする場合です。後者の場合は、書類や手続きが必要となります。

(11府県ふっこう周遊割お知らせサイトより引用)

○直接宿泊施設に申し込む場合・・・こちらは基本的に宿泊者が申請することになります。流れは上記と同じで、宿泊事業者に宿泊証明書を発行していただき、それを事務所に郵送する形になります。

ここでご注意ただきたいのは、「各府県でそれぞれ書類が分かれている」という点です。

微妙に違いがあるので、それぞれの申請書類をダウンロードして記入する形となります。

愛媛県のマニュアルダウンロードはこちら

なんとなくお分かりいただけたでしょうか。

自身で申請する場合は、泊まる→証明書と領収書をもらう→必要書類を揃える→事務局へ郵送(送料は自己負担)

ということになります。

これを、最大1つの府県で5泊まで利用できます。

つまり、愛媛→広島→岡山の3県ツアーを5回繰り返せるということになります。


すごい手厚い支援ですが、上限があります。

しかも各府県で上限が異なります

期限は11月末までですが、10月中に山口県の予算がなくなったので、広島→山口の旅行をした場合には、広島での宿泊分のみの補助を受け取るようになります。

言葉は少し乱暴かもしませんが、「早い者勝ち」理論です。

ただ、急になくなるというものではなく、HPで随時おおよその残予算は公表されるようです。

詳しくはHPをごらんください→公式HP

また、一部では公共交通機関の支援も予定されているようです。

こちらもぜひご注目ください。

復興支援は、被災地に観光で足を運ぶだけでもできます。

ぜひこれを機会にいろんなところを周遊してみましょう。

「11府県ふっこう周遊割お知らせサイト」