FC今治方針発表会2019!豪華メンバーに加えサプライズゲストも登場!

豪華ゲストと豪華メンバー。ここが今治。

「This is Imabari」

今日はまずここからスタートさせてください。

確認しておきますが、今からご紹介する話はここ今治でのお話です。

場所は、東京都内の高級ホテルというわけではなく、テクスポート今治です。

ご注意ください。

 

本日、FC今治の2019シーズンの方針発表会が開催されました。

今日はTwitterでライブ配信も行っていました。FC今治Twitter

おそらく1000人近い視聴者まで行ってたかと思います。

ライブ配信の画面に文字書けるんだ!という小さな発見もすることができました。

アーカイブはどうなるかはわかりませんが。。。

まずは岡田オーナーが登壇し、挨拶もそこそこにサプライズゲストが登場。

この方です。

EKILE / GENERATIONS の白濱亜嵐さん(白濱亜嵐instagram)が登場しました。

なぜかというと、2019シーズン新ユニフォームのデザインは、この白濱亜嵐さんがデザインしたものなんです。

実は以前にもデザインをしていただいており、そのシーズンにちょうどJFLへ昇格したということもあり、今回の新ユニフォームのデザインが一つの昇格への起爆剤になるかもしません。

(ロゴとのコラボ。青がよく似合う)

どうですかみなさん。

ここが今治ですよ。

(インスタグラムのフォロワー数は110万人を超える。ひょえー)

信じられますか。

(うっすら濃淡の青でボーダー模様)

新ユニフォームは、ホームユニフォームには新たに薄くボーダーラインが入り、

アウェイユニフォームには、半分を斜めの赤縞が入るというデザインに加え、FC今治で初めて肩と袖の部分にゴールドを取り入れたデザインになっています。

なかなか斬新なデザインになったようです。

続いてはスポンサーの紹介。

このユニフォームを見てもわかるように、今シーズンから鎖骨の部分へのスポンサーが認められ、その部分にもスポンサーロゴが登場しています。

トップスポンサーは増加し、今までのものより増額したスポンサーさんもいたようです。

そして、今シーズンのスポンサー契約金額。

(昇格を逃しても更なる増額が見込めるという素晴らしいクラブです。)

どどん。

単位が100万円ということなので、見込み総額で4.2億円です。

素晴らしいですね。

本当は選手を真っ先に紹介したかったんですが、あまりにも素晴らしい数字なので、ご紹介させていただきました。

そんなFC今治の今シーズンのスローガンは、

「コミットメント」だそうです。

昨年の「プロフェッショナル」からの「コミットメント」(=約束。誓約。公約。確約。かかわり。かかわりあい。関与。介入。※デジタル大辞泉より)

つまり、J3昇格を今年こそお約束するというものです。

2018シーズンは平均で3,081人の観客動員数についても、満員の観客という数字も追い求めていくということも同時に発表しました。

バリチャレンジユニバーシティ、孫の手活動、などなど。

引き続き活動を行っていくことも同時にお約束いただきました。

さて、ここからはチームの新体制についてご紹介させていただきます。


新しく監督に就任した小野剛監督です。

「絶対に失敗は許されないチャレンジということで身の引き締まる思いで、責任の重さを感じております。ただ、今までもいろんなプレッシャーの中で戦ってきたので、プレッシャーを楽しみながら、これまでチームを支えてきた選手、新しく加入する選手たちとともに、ミッションに向かって立ち向かっていきたい。」と強い言葉を語っていただきました。

背番号1番GK修行智仁シュウギョウ トモヒト)選手<大分トリニータ>

「去年悔しい思いをしたであろう既存の選手たちと、今年入った新加入選手の選手たちで力を合わせて必ず昇格したいと思います。よろしくお願いします。」

背番号3番DF駒野 友一(コマノ ユウイチ)選手<アビスパ福岡>

「J3昇格目標達成するために今治にきました。みなさんの期待に応えれるように頑張りたいと思います。」

背番号4番DF園田拓也(ソノダ タクヤ)選手<ロアッソ熊本>

「プレーそして結果というものをピッチの上でしっかり示していきたいと思いますので、応援よろしくお願いします。」

背番号13番FW内村 圭宏(ウチムラ ヨシヒロ)選手<北海道コンサドーレ札幌>

「フォワードなので、得点を決めて勝利に貢献したいと思っております。よろしくお願いします。」

背番号17番大野秀和(オオノシュウト)選手<成立学園高校>

「地元愛媛のクラブでプレーできることを嬉しく思います。今日、、、ちょっと、駒野さんの伝家の宝刀であるケツを触らせていただいたんですけど、これが世界で戦ってきた人のケツなんだと思いました。J3昇格へ向けて、17歳で最年少という若さでチームを引っ張っていきたいと思います。」

背番号18番MF村井清太(ムライ セイタ) 選手<東京ヴェルディユース>

「今年1年は個人としてもチームとしても結果にこだわり、必ずJ3昇格できるように頑張ります。」

背番号19番MF福田翔生(フクダ ショウ)選手<東福岡高校>

「ファン・サポーターのみなさまとともに熱く戦い、全勝してJ3昇格できるように全てをかけて戦います。夢スタでたくさんの人に夢を与え、そしてたくさんの人を幸せをできるようなプレーヤーになります。応援よろしくお願いします。」

背番号22番MF上原 拓郎(ウエハラ タクロウ)選手<ロアッソ熊本>

「J3昇格へ向けて頑張ります。そして、今度駒野さんとゴルフに行くので、ぶれない軸を見習いたいと思います。」

背番号26番DF平松 遼太郎(ヒラマツ リョウタロウ)選手IPU環太平洋大学>

「まずはじめにFC今治という素晴らしいクラブで自分のキャリアがスタートできることをすごく嬉しく思っています。そうそうたる選手のみなさんがいる中で、しっかりと自分を持って、若さと熱さで闘志あふれるプレーでチームに貢献したいと思っております。応援よろしくお願いします!」

背番号27番MF橋本 英郎(ハシモト ヒデオ)選手<東京ヴェルディ>

「ぼくは既存のメンバーと一緒に、ライバルとして、競争しながら戦っていきたいと思います。」

背番号28番DF原田 亘(ハラダ ワタル)選手<日本体育大学>

(※体調不良のため欠席)

みとん今治,FC今治,サッカー,夢スタ,JFL,2019,愛媛,今治,ehime ,imabari

以上11名が新加入選手となりました。

 

あれ?と思った方もいらっしゃると思いますが、背番号も大きく変更となっております。

昨年と同じ背番号なのは、6番中野選手、8番上村選手、16番片井選手、21番今川選手、23番クラッキ選手、25番楠美選手、29番飯泉選手の7名で、他の選手は番号が変更となっております。

明日のトレーニングマッチでお披露目になるかと思います。

総勢30名のトップチーム選手で挑む今シーズン。

日本代表経験選手が2名、Jリーグでの経験がある方が4名という布陣で挑みます。

もう一度問いたい。

ここは今治なのか。

岡田オーナーの手腕がここまでの場所にしてしまったということでしょう。

LDHさんありがとうございます。

今シーズンもどこかで試合会場である夢スタに足を運んでいただけるとお約束していただきました。

今回は昨年と違い会場も大きい場所ではなく、入場者も抽選でという中での発表会となりました。

すべては「経費削減」だそうです。

試合でのフットボールパーク構想に大きな変更はないそうですが、ゲストの回数は減ってくるかもしれませんね。

こちらも「経費削減」だそうですが、ゲストがこなくとも、総勢30名の選手たちが豪華メンバーです。

トップチーム選手には一切の妥協がなく補強が行われています。

ベンチに入れない人たちがおよそ半分いますが、そのメンバーでさえも豪華です。

その一人一人の魅力を伝えていけるように今年もみとん今治として頑張っていきたいと思っております。

今シーズンもどうぞよろしくお願いします。

これがFC今治ですし、ここ今治で行われていることです。

サッカーがなんのこっちゃわからない人たちにまで、これからも届くようにいろいろと発信していきたいと思います。

多くのメディアさんそれぞれの特徴で、いろんな情報発信をみんなで作っていきたいと思っています。

どうぞ今年もよろしくお願いします!

 

↓選手のページも新しい情報に更新されています。ぜひチェックしてみてください。
FC今治HP

関連記事一覧

イベント情報を募集しています。

掲載は無料!

みとん今治では、イベント情報をイベントカレンダーに無料で掲載することが可能です。ぜひいろんな情報をお寄せください。

イベント情報

5月 2022 のイベント

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
2022.04.25 2022.04.26 2022.04.27 2022.04.28 2022.04.29 2022.04.30 2022.05.1
2022.05.2 2022.05.3 2022.05.4 2022.05.5 2022.05.6 2022.05.7 2022.05.8
2022.05.9 2022.05.10 2022.05.11 2022.05.12 2022.05.13 2022.05.14 2022.05.15
2022.05.16 2022.05.17 2022.05.18 2022.05.19 2022.05.20 2022.05.21 2022.05.22
2022.05.23 2022.05.24 2022.05.25 2022.05.26 2022.05.27 2022.05.28 2022.05.29
2022.05.30 2022.05.31 2022.06.1 2022.06.2 2022.06.3 2022.06.4 2022.06.5