ばりじんNo.50。今治市役所職員・鳥生真実さん 〜Job marche〜

アラーキー

みとん今治の代表してます!三十路まっしぐら!

居心地の良い今治で子育てでもよい環境を。

今年度から始まった「Job Marche 〜働けるいまばり〜」の記事が今日から次々と公開されます。

20名近くの、今治で働く女性を取材しました。ぜひ2月いっぱいは、この「Job Marche」シリーズをぜひお楽しみください。

ばりじん49人目の紹介は、今治市役所・子育て支援課の鳥生真実さんです。

一般企業への就職から、自身のライフステージの変化に合わせて、居心地のいい今治にやってきました。そこからよりよい子育て環境の街へという想いを持って入った市役所での活躍や、子育てとの両立のことなどをお話いただきました。

ぜひ最後までご覧ください。

華やかな仕事に憧れた社会人1年目

今では市役所の職員という鳥生さんですが、新卒では一般企業に就職。そこから社会人生活がスタートし、専業主婦期間を経て今の職場に勤務されたようです。

ーー今治の出身なんですか。

いえ、私は新居浜です。

ーー新居浜の市役所じゃなくて今治なんですね。

そうです、そうなりました。

ーー大学を卒業してすぐ市役所に?

新卒では一般企業に就職しました。

ーーどんなお仕事されていたんですか。

車のディーラーの受付をしていました。

ーーなんかめちゃくちゃかっこいいイメージのやつですよね。

そうですね。なんか華やかな仕事に憧れがあったのと、人と接する仕事がしたかったというのは漠然とあって就職したんですけど、やっぱりハードでしたね。

ーー気を張って立ちっぱなしのイメージあります。

若いうちはいいと思うんですけど、長く続けれる仕事じゃないっていう感じですかね。それと土日の勤務が必ずあったので、休みも友達と合わなかったりで私には合わなかったと思います。

ーーそこから今治市役所へ。

流れでいうと、結婚するタイミングで前職をやめて、そこから出産とかもあって専業主婦の期間があって、そろそろ働きたいなという時期に、市役所を受けました。

子育て支援を希望し、希望通りの配属に

地元の新居浜ではなく、今治市役所の試験を受け、見事合格した鳥生さん。面接の時から子育て支援の話をし、その希望通りに配属され、現在活躍中。

ーー転職するときに、県外に出たいとかはなかったんですか。

なかったですね。大学も松山だったんですけど、愛媛って居心地いいですよね。

なので、県外に出たいとはあんまり思わなかったですね。

ーーそれでなぜ今治へ。

旦那の実家が今治で、今治受けようってなったんですけど、私が受かったので家族みんなで今治に移動したって感じですね。

ーー市役所の試験ってそんな簡単に受かるんですか?

一つ一つの問題が難しいというわけではないんですけど、範囲がすごく広いですね。もちろん勉強もしましたけど。

4年くらい専業主婦をしていたのでブランクがある状態で受けるのは正直かなり不安でした。

ーーそれでもチャレンジできた。

まあ受かったら奇跡だなという気持ちで行ってたんですけど、人事の方にすごくウェルカムだという雰囲気で迎えられたんです。子育て中の方が、働きやすい場所を作って欲しいみたいなことを言われて、ここならやっていけるかもって思いました。

本当にいいタイミングで合格したと思います。

ーー現在はどんなお仕事をされているんですか。

子育て支援課は4つ部門が分かれてて、私はその中でそのまんま子育て支援担当の係です。

具体的には、イベントを企画したり、お母さん向けの再就職の講座を開いたり、遊び場の運営だったり。中には、婚活とかのイベントとかもありますね。

ーー婚活とかもあって幅広いですね。

そうですね。全体的に裏方の仕事なんですけど、子育てに関わるいろんなことをやっている状態です。

子育ての両立が可能な職場環境に

仕事と子育ての両立をなんとか実現できていると話す鳥生さん。もちろんしんどいところはあるものの、仕事でのやりがいや、自分が望んだ職場だったこともあり、楽しく働けているようです。

ーーママになって就職して、両立はいかがですか。

もちろん体力的にしんどいことはありますよ、1日があっという間ですし。

でも土日は子どもとしっかり遊べますし、課の人たちにも理解してもらっているので、良い環境で働けていると思います。

ーーすごく良い環境みたいですね。

子育て支援課ですからね。笑

子どもが病気になった時とかも対応してくれているのですごくありがたいですね。

だから思い切って受けてみてよかったと思っています。もちろん異動もあると思うんですけど、この仕事がしたくて入ったので、今はすごく充実しています。

(なかなかいい笑顔が出ない鳥生さんを盛り上げようとしてくださる課のみなさん)

ーーこのお仕事をされている中で幸せを感じる瞬間はどんな時ですか。

難しいですけど、お母さんのためになっていると感じる瞬間ですかね。

いろいろ考えて形にしていって、それが喜ばれるのを見ると嬉しく思います。

ーー今治の子育て環境のいいところってどんなところですか。

この職についたからっていうのもあると思うんですけど、子育てのセンターもいっぱいありますし、サイクリングとかもできますし、アウトドアとか自然体験が多くできることだと思います。

ーーこれからやってみたいこととかありますか。

ん〜なんでしょうね。人材育成とかは興味ありますね。

ーーということはここで長く働きたいという感じですか。

そうですね。子どもがもちろん最優先ですけど、ずっと働いていたいと思っています。

 


話をする時にも、カメラを向けた時も含めてずっと緊張しっぱなしの鳥生さん。課の人たちからよくかわいがってもらっているというのがよくわかる写真も撮らせていただきました。

課全体が仲良く、働く場所をよくしようという雰囲気が伝わってきました。全然知らなかった今治市の制度やおもしろさなども教えていただき、勉強にもなったインタビューでした。

 

今治市 子育て支援課 鳥生真実

今治市HP