2018年も1年間ありがとうございました。最後の振り返り。

アラーキー

みとん今治の代表してます!三十路まっしぐら!

2018年も残すところあと5時間。

さていよいよ2018年もあと少しという時間になってきました。

昨日の記事ではアクセスランキングで1年を振り返ってみました。

記事はこちらから。

個人的には特別に節目を意識することのない性格だったりするんですが、せっかくなのでみとん今治としてやってきた1年について振り返ってみようかと思います。

しばらくお付き合いいただければ幸いです。

1月

○MACCHIのテレビデビュー!

テレビ愛媛のふるさと絶賛バラエティいーよ!の今治特集にて「MACCHI」を取材していただきました。

反響が大きいかといえばそうでもなかったですが、多くの方に知っていただくきっかけになりました。

○映像・動画事業の断念を発表

昨年末から進めていて、2018年の新たな事業として進もうとしましたが、諸事情により延期、中止を余儀なくされました。お声かけさせていただいたみなさんには多大なご迷惑をおかけしました。

3月

○初の連日イベントALL YOURSを今治に招待。

東京のある分野では絶大な人気を誇るアパレル会社「ALL YOURS」さんを今治にお招きし、5日間のイベントを開催しました。

「春の銀座祭り紹介!All Days!」

非常に濃い密度のイベントで、このイベントが人生の大きな転機となった若者もいたりと、すごく参加者満足度の高いイベントを開催することができました。

○毎年恒例、どこよりも早いFC今治新加入選手の紹介

毎年どこよりも早く新加入選手を全員紹介するという企画をしております。また来年もできるようにしたいですし、多くの方に楽しみにしていただいております。

4月

○みとん今治の記事のペースを「1日2記事以上」から「1日1記事以上」に変更。同時に公募によるコラム連載をスタート。

記事を作成する体制が弱いということもあり、記事の本数を減らすという決断をした新年度でした。結果的に落ち込む時期こそあったものの、2018年末には再び2記事の当時と同じ水準まで戻すことができております。

「4月からみとん今治はモデルチェンジを行います。」

6月

○イベント情報において「イベなび愛媛」とサイト連携

Webサイトとして初の連携協定のようなものを行いました。イベント情報に特化したWebサイトを運営するイベなび愛媛さんと連携し、今治情報の発信のお手伝いをしていただくこととなりました。

「初のサイト連携!イベなび愛媛との情報共有を開始します。」

7月

○ご褒美マルシェを開催

ehime, imabari, MACCHI, ご褒美マルシェ, みとん今治, イベント, マッチ, 今治, 今治銀座商店街, 常盤町, 愛媛

MACCHIのスタッフが全て独自で企画し、それぞれの得意分野でイベントを作るという初の試みを実施しました。愛媛新聞さんにも取り上げていただき、多くの参加者にお越しいただきました。

「ご褒美マルシェvol.1を開催します!」

○ゲストハウスがようやく開業

ずっと懸念材料だったゲストハウスの開業延期が、ようやくこの時に落ち着き、7月末に初のゲストを迎えることとなりました。長かった。。。

「ようやくゲストハウス開業。遅くなりましたが、経緯をご説明します。」

9月

○初の紙媒体事業、FC今治選手名鑑を発行

ehime, FC今治, HondaFC, imabari, JFL, みとん今治, サッカー, 今治, 夢スタ, 愛媛

かなりの大きなイベントというか事業でした。初の一貫した紙媒体への取り組みで、多くの方に届けることはある程度できましたが、目標部数までは大きく届かず。来シーズンもしできることであればもっと早く企画し、もっと多くの方に届けることができればと思っております。

「9月2日発売決定!FC今治初の選手名鑑が完成!」

○MACCHI1周年

これは特別なものではないですが、カフェがオープンして1年が経過しました。これからももっと多くの方に親しまれるお店になるように頑張ります。

11月

○情報発信お助け事業をスタート

みとん今治が持つコンテンツ発信の部分を、もっと多くの方に届くことができるように始めた事業です。まだ一緒にやる方はほとんどいらっしゃらないですが、これからもこれらの事業を伸ばすようにしていきたいと思っております。

「新事業!情報発信お助け事業をスタート!」

 


ざっくり振り返ってみるとこんな1年でした。

紆余曲折あり、全然思うようにならなかった1年でもありますが、初の自社コンテンツを作成したことにより、直接コミュニケーションをとる機会が増え、いろんなお声をいただきました。

また、東京から人を呼んでイベントをすることで、イベントの難しさも学ぶことができましたし、誰かのきっかけになることができることということも一つの財産となりました。

 

まだまだ吹けばどこかに飛んでいくかのような会社ですし、できることはすごく限られています。

それでも応援していただいているみなさんの期待に応えるため、少しでも今治が楽しい場所になればいいなという気持ちで自分を突き動かしております。

2018年もいろんな方にご迷惑をおかけしましたし、お世話になりましたし、笑顔を見ることができました。

まだまだ道半ばで、やりたいことの10%しかできていないという状況に大きな変わりはないですが、これからも地道に愚直に自分にできることをやっていきたいと思います。

本年も本当にありがとうございました。

そして2019年、新しい元号を迎える新年も、みなさんと一緒に楽しい場所を作っていければと思います。

みなさん良いお年を!!!