FC今治まさかの敗退で天皇杯本戦への切符は松山大学に!

アラーキー

みとん今治の代表してます!三十路まっしぐら!

まさかの敗戦で本戦への出場を逃す!

10年連続10回の優勝を果たしていたFC今治の天皇杯愛媛県代表決定戦。

その連続が途絶える瞬間に立ち会ってしまいました。

この日は松山での開催。愛媛県総合運動公園の球技場で行われました。

久しぶりに、愛媛県内での違う環境での試合ということもあり、少し新鮮な気持ちで会場に入りました。

メンバーもいつものスタメンから少し変更が加わったくらいで、大幅な変更はありませんでした。

試合は、開始直後からFC今治がボールを持つ展開が多かったものの、決定的な瞬間はほとんど作れず終了します。

背番号13番FW内村 圭宏(ウチムラ ヨシヒロ)選手<北海道コンサドーレ札幌>

松山大学の懸命な守備で、なかなかシュートを打たせてもらえません。

背番号14番FW桑島良汰選手

サイドから何度も攻撃を仕掛けるも、得点を奪うことはできません。

背番号7番DF山田貴文選手

唯一の惜しいシーンを作ったのはこの人。

背番号28番DF原田亘(ハラダワタル)選手<日本体育大学>

セットプレーから、

ぶれぶれ。

ピントも合わないまま。

ボレーシュートを放つも、ボールはゴールポストを叩き、惜しくも得点ならず。

0-0のスコアのまま、前半を終了します。

背番号18番MF村井清太(ムライセイタ)選手<東京ヴェルディユース>

迎えた後半。

後半開始から有間選手を投入。攻撃のさらなる活性化を促します。

背番号10番FW有間潤選手

開始直後から最後まで克服できなかったのが、ピッチコンディションにより、ボールコントロールがうまくいかず、ミスを連発しました。

そんな中、隙を突かれて松山大学に得点を許します。

スタンドにいる部員も大喜び。

スコアは0-1になり、さらに攻撃に拍車をかけます。

背番号11番FW中野雅臣選手

サイドから何度も攻めるも、最後のところで決めきれず。

背番号29番FW飯泉涼矢選手。

選手交代も交え、攻撃を仕掛けていきます。

背番号20番MF岡山和輝選手

最後は高さで攻め続けます。

背番号4番DF園田拓也(ソノダ タクヤ)選手<ロアッソ熊本>

最後のシュートも実らず、無得点のまま試合は終了のホイッスルを迎えます。

惜しくも枠を捉えきれず。

ファイナルスコアは0-1で敗戦となりました。

松山大学は歓喜に包まれ、10年連続で途絶えたFC今治の選手たちは肩を落とします。

今年は天皇杯でFC今治の試合を見ることができなくなりました。

松山まで応援にきたサポーターも最後まで声を振り絞っていました。

松山大学が優勝し、

FC今治が準優勝。

悔しい結果となりました。

悔しがってばかりもいられませんが、次戦は来週5月19日に夢スタでホーム戦が開催されます。

天皇杯には出場できませんが、JFLで優勝するためにも、また応援していきましょう。

次週こそは勝利を!

 

FC今治HP