ehime,imabari,matsuyama,みとん今治,ラーメン,ラーメンなる,今治,今治名物,愛媛,松山,牛そば

松山に元祖今治名物!?牛そばが食べられるお店。

アラーキー

みとん今治の代表してます!三十路まっしぐら!

あまり聞きなれない名物、牛そば。

今回のご紹介は実は今治のお店ではなく、今治名物についてのお話です。

この日、この看板を見るまでそんな言葉を聞いたことがありませんでした。

松山に言っていたときに突如目に入った「元祖今治名物」という言葉。

しかも、今治でもバイパスにある「ラーメンなる」さんのロゴ。

もうここは今治じゃないかということで、急遽Uターンを決め、行ってみることに。

今年の3月に平和通りから移転オープンし現在の場所に移ったと同時に、牛そばの提供を開始したそうです。

今治名物という言葉はよく聞くけれど、牛そばってなんだろう。

あるようでなかったということです。

右には今治店と同じようにラーメンなるのメニューが並びますが、注目はこの左側。

伯方の塩を使い、さらに今治焼き鳥のたれを使った中華そばということのようです。

なるほど、焼き鳥に使うタレを牛に使うことでどうなるかということですね。

しかも、この牛そばの注文のカスタマイズの方法も独特。

気分によっていろんな楽しみ方ができそうです。

ランチタイムには、こういったセットがありますが、ここにも焼豚玉子飯の文字が。

こちらも今治名物です。

この季節になると、冷たいラーメンもあるようです。

これからの季節に重宝されるメニューです。

さて、今回の注文は、もちろん牛そば。

頼み方は、中盛り・肉少し多めで注文(880円)。

ほどなくすると、その全貌が。

こちら。

中華そばに、甘辛タレの今治焼き鳥タレを絡めて、ネギと七味をふりかけて完成。

100gのお肉でも十分すぎるボリュームです。

中盛りともなると、だいぶこちらもボリュームたっぷりで、サイドメニューをつけなかったのがナイス判断となりました。

優しい味でほっこり一息つけるようなラーメン、中華そばでした。

これから今治名物になるかどうか、楽しみなところですね。

松山に足を運んだ際には、ぜひ気にかけてみてください。

ラーメンなる 松山店

松山市中央1-4-4
089-948-8696
11:30〜14:30
18:00〜23:30
定休日:木曜日