めだかだけで58種類!?鈍川せせらぎ交流館に”鈍川めだか水族館”が2月23日からオープン!

めだかだけの水族館が誕生。色とりどりのめだかを。

 

めだかだけの水族館。

そんな言葉を聞いたことがあったでしょうか。

今治にそんな施設が誕生しました。

場所は鈍川せせらぎ交流館の2階。

風でめくれてしまったのか、「鈍川め」の文字が見えます。この後は「だか水族館」です。

鈍川めだか水族館の入場料金は、入浴料の420円のみです。

水族館だけを見に行くことはできませんが、お風呂に入る人であればみなさん鑑賞することができます。

58種類のめだかが集結する場所。

それが「鈍川めだか水族館」です。

こちら。

正方形の水槽がずらり並び、それぞれ違う品種のめだかが泳ぎます。

全部で58種類。

どんなに違うんだといえば、もう本当にめちゃくちゃ違います。

体の色から尾ひれなどの構造も含めて。

注目すべきは「オロチ」と名のついた真っ黒なめだか。

カメラの光の具合で黒いのではなく、体全体が黒いんです。

今回この水族館をプロデュースされた、「めだかやTSUKAMOTO」さんは黒めだか専門店と名乗るほどの黒めだかの専門家。

奥の深いめだかの魅力にとりつかれたようです。

昔はその辺にいためだかも、これほどの種類を見ることはなかったでしょう。

特徴的なめだかをいくつか紹介します。

ネーミングが素晴らしくシンプルですが、めだかの鯖です。

ややこしいですが、こういった名前は品種を新しく作られた方が命名されるようです。

宇宙のめだかという、スペースシャトル内で誕生しためだかの子孫もいます。

もうなにが何だかわからなくなりますね。

水槽を横から見るのか。

はたまた上から見るのか。

ひと口にめだかと言っても、いろんな魅力を楽しむことができます。

58種類のめだかを上から見るか横から見るか。

 

お子さまなどをお連れの際は、水槽を触ったりされないようにご注意ください。

 

温泉を楽しむのと一緒に、新しくできた小さな水族館もぜひお楽しみください。

 

鈍川せせらぎ交流館

Instagram

今治市玉川町鈍川甲218-1
0898-55-4477
入浴:10:30~21:00
軽食コーナー:11:00~14:30
定休日:毎月第2・第4月曜日及び12月31日、1月1日

関連記事一覧