みとん今治,イベント,みらいへ,寄港

帆船「みらいへ」が今治港に寄港(体験航海編)

6日各体験の翌日の7日(日)は、9:00から今治港周辺でセイリングや操船体験などの体験航海(小学生1,000円、中学生以上2,000円)が行われます。朝から沢山の希望者が集まっています。各回、先着60名です。

乗船時間になり順番に乗船開始です。今回は、3回(9:00~11:30,12:30~14:30,15:00~17:00)体験航海が行われます。

乗船すると、船内探検マップが渡されます。船内の説明と船内を回ってクイズラリーになっています。

船内探検は、1~27まであります。正解すると記念品が貰えます。

早起きは三文の徳ということで1回目の体験航海の方達は、特別にバウスプリット渡りにチャレンジしました。

バウスプリット渡りが終わり出港です。係留していたロープを引き上げ出港します。

港内では、帆を張れないので港外の安全なところまで出て行きます。

 

目的地に着くまで船内探検マップラリーやグッズ販売、外国ビールを飲んで景色を楽しんでいました。

目的地に着きいよいよ帆を張ります。今回は、中央のマストと前の三角帆の2カ所です。帆が張れるように巻かれているロープを外します。

帆を張るときのかけ声、ロープの引き方等の説明と練習が行われました。ロープを引くときのかけ声は、「ツー・シックス・ヒーブ(two six heave)」です。

練習が終わり本番です。まず中央のマストの帆から張ります。みんなで力を合わせロープを引き帆を張ります。大きなかけ声でタイミングを合わせて足は動かさずに腕だけで引きます。(運動会の綱引きとは少し引き方が違います。)

無事帆を張ることが出来ました。畳50枚分の広さだそうです。

次に前に移動し、此方でもみんなで力を合わせ、大きなかけ声で帆を張ります。

此方も無事帆を張ることが出来ました。

希望者には、操船体験をさせてくれます。舵を切って曲がることが体験できます。

帰港する前に張った帆をたたみます。張ったときと同じようにみんなで力を合わせロープを引きたたみます。

帆をたたみ終わると今治港に帰港です。

帰港前にメインデッキで参加者全員の記念撮影を行います。写真は、「帆船みらいへ」のFacebookにアップされるのでそこからいる人は取ってくださいとのことです。

帰港してロープを投げ係留します。

無事帰港し下船です。降りるときに体験航海の記念に乗船証明書が渡されました。
今年は、天気もよく毎回定員一杯の参加者でした。

まだ乗ったことない人は、是非体験してみてください。良い経験になります。

 

一般社団法人グローバル人材育成推進機構
帆船みらいへ事業部 神戸事務所
〒650-0042 神戸市中央区波止場町5-4 中突堤中央ビル2F
TEL: 078-381-7079(平日:10:00~17:00)
FAX: 078-381-7063
MAIL: info@miraie.org
Facebook:https://www.facebook.com/miraiesailing/?fref=ts
URL:http://www.miraie.org/