来島海峡大橋を見下ろす!

来島海峡大橋が眺望できるところといえば、、、亀老山展望公園へ行ってきました~!

大島南インターの近くから入る道があり、そこから車で約10分ほどで頂上へ行くことができます。
くねくねと山道を走っているといきなり眺望が開け、カーブを曲がると来島海峡大橋が一望できます。
道中サイクリストの方たちが一生懸命上っていました。

駐車場につくと、亀さんがお出迎えしてくれます。


亀老山は、約1,300年ほど前、光輝く黄金色の観音像を背負った大亀を、旅の風来僧がとある大島の海岸の洞窟で見つけ、その観音像を持って七堂伽藍を建立して崇拝したことで、亀老山と名づけられたそうです。
この亀さん、亀老山の由来となった、観音像を背負った亀のようですね。
看板も年季が入っており、昔からあることが伺えます。

いつもは売店の藻塩アイスを食べるんですが、到着したのが17時過ぎていたので閉まってました・・・

売店では亀老山オリジナルの藻塩アイスのほかにも、いろんな味の手作りアイスや藻塩が売られています。

亀さんを横目に、展望台へ上がっていきます。

展望台からは360度のパノラマが開けています。

まず山と海の景色が広がり、、


写真ではわかりづらいですが、遠くに国際ホテルが見えました。

反対側へ行くと、あんな遠くに来島海峡大橋が!

展望台からは、南には今治市街、天気がよければ南東に石鎚連峰、そして北西の方向に来島海峡大橋を見ることができます。

海と橋と夕日のコラボレーションが、心を落ち着かせてくれます。

目線を少し下に落とすと、しまなみ海道五十三次のスケッチポイントが示されています。

「しまなみ海道五十三次」とは・・・
日本画家である平山郁夫画伯が、瀬戸内しまなみ海道の開通を記念して、60点の水彩素描画を描き下ろされました。
http://hirayama-museum.or.jp/shimanami.html

青い海、青い空、木々の緑に囲まれた来島海峡大橋を眺めていると、心が癒されるような気がします。

売店で藻塩アイスを買って展望台で橋を眺めながら物思いに耽る・・・そんなゆったりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょう♪

 

亀老山展望公園

今治市吉海町南浦487-4
お問合せ:今治市役所 吉海支所 産業建設課
TEL:0897-84-2111

関連記事一覧

イベント情報を募集しています。

掲載は無料!

みとん今治では、イベント情報をイベントカレンダーに無料で掲載することが可能です。ぜひいろんな情報をお寄せください。

イベント情報

8月 2022 のイベント

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
2022.08.1 2022.08.2 2022.08.3 2022.08.4 2022.08.5 2022.08.6 2022.08.7
2022.08.8 2022.08.9 2022.08.10 2022.08.11 2022.08.12 2022.08.13 2022.08.14
2022.08.15 2022.08.16 2022.08.17 2022.08.18 2022.08.19 2022.08.20 2022.08.21
2022.08.22 2022.08.23 2022.08.24 2022.08.25 2022.08.26 2022.08.27 2022.08.28
2022.08.29 2022.08.30 2022.08.31 2022.09.1 2022.09.2 2022.09.3 2022.09.4