IMABARI Color Showが2月12日まで開催中!

タオルの街の染色。

タオルの街今治。

その目線はタオルそのものを作る工場に行きがちではあります。

ただ、そこには染色技術が伴ってくることも必然です。

その染色にスポットを当てたイベントが現在はーばりーにて開催中です。

その名も「IMABARI Color Show」

愛媛県繊維染色工業組合が主催するこのイベント。

今治市内、特に中心地ではのぼりや看板が登場しております。

今治の特徴は、「先晒し先染め」だそうです。

その特徴を最大限に引き立てる技術や環境を再認識し、一大タオル産地として地元の人たちにも感じてもらおうというものです。

正直ぼく自身も今治に住みながらタオルの技術的な部分は全くわかっておりません。

こうしたイベントを通じて少しずつ地元の産業のことを知るいい機会だと思い、場所もはーばりーということもあり行きやすいので開催初日に行ってきました。

はーばりーのホールを全て使い、「1000色のレシピ」が展示されています。

ここには帆布に1000色を染め上げ、展示しております。

不思議な空間です。

1000色も色ってあるんだと。

染色技術に用いられる温度や時間などを表した文字が踊ります。

会場内には下にソファもあり、寝転んで下から眺めることもできます。

ホールだけでの展示ですので、大きな空間とはいえませんが、日常とは違う異空間にすっかり引きずり込まれます。

その他にも、染色の紹介動画や「今治の色」の紹介など、染色・色に触れられる空間になっております。

光の当たり具合で、この景色も表情を変えてくると思います。

暗くなった場所での空間はきっと幻想的なものなんだろうと予想できます。

今治が誇る「今治タオル」を支える染色技術をもつ企業の伝統や文化に触れられる数少ない機会です。

ぜひみなさんも足を運んでみてください。

イベントは12日まで開催されています。

詳しくはHPへ。

IMABARI Color Show