いきなり!ステーキ今治店は常に進化中!

アラーキー

みとん今治の代表してます!三十路まっしぐら!

座席・メニューの変更、初のクーポン配信!

1年半ほど前に今治にやってきた、「いきなり!ステーキ」。

首都圏を中心に立ち食いで、文字通りいきなりステーキが食べられると話題になり、今治にもやってきました。

そのいきなり!ステーキ今治店が、実はオープン以来様々な変更を行ってきているとのことだったので、取材してきました。

オープン以来の改善点は大きく分けて3つ。

1、座席がハイテーブルからローテーブルに変更。

カウンターの座席も残しつつ、多くの席をローテーブルに変更し、子ども連れのファミリーや高齢の方も安心、長時間ゆったりとお食事できる、座りやすい座席でのお出迎えを行っています。

2、注文しやすい新メニュー。

11月12日よりメニューを変更し、ディナーメニューでは以前はグラム数をカット場で伝えて注文するスタイルでしたが、夜でも定量で、座席にて注文ができるようになりました。

より細かな注文をする方はカット場へ。そして、だいたい食べる量決まってるよという方は座席での注文と、より多くの要望にお答えすることとなりました。

3、お得なクーポンが初登場。

Yahoo!クーポンに始まり、大手ニュースサイトなどでこれから随時クーポンが登場予定です。ステーキの値引きや、付け合わせが無料になるものなど、今までよりさらに利用しやすくなるようです。

 

以上が進化中のいきなり!ステーキのお話なんですが、ここからはどのように、ステーキが提供まで進んでいくのか。その流れをご紹介します。

 


まずは肉の準備。

いきなり!ステーキでは、注文が入ってから分量のカットに入るため、下処理を行った状態でその注文を待ちます。

この状態でお客様からの注文を待ち、それぞれの大さでカットしていきます。

このお肉はアメリカ産のサーロインステーキ。

実は脂の残し方なども、部位によって変わってくるようです。

こちらをはかりに載せて値段を計算。こちらは333gとかなり厚みのあるボリューム。

ここから焼きに入ります。

塩と、

コショウと、

油を表面に。

ここから鉄板へ。

まずは脂面から、焼き始めます。

下から徐々に熱が入り、色が変わっていきます。

ここから表面を焼いていきます。

鉄板の縦線に対して斜めに置くのには理由があります。

それがこの焼き目。格子状に斜めにいれるのが、いきなり!ステーキ流だそうです。

焼きあがると、この家庭用IHのような場所に鉄板を置き、トッピングとともに完成させます。

実はこのIHコンロはいきなり!ステーキ専用で、特許も取得する特殊な機械。

一気に加熱し、仕上げていきます。

テーブルへ到着。

厚みもあり、かなりボリューム満点の333gのサーロインステーキです。

ここにいきなり!ステーキ独自のソースを垂らします。

熱々のままぜひお召し上がりください。

サーロインの場合は火が入りすぎると柔らかさが少なくなってしまうということもあり、ミディアムレアがおすすめです。

 

こうしてみなさんの口に到着します。

いかがでしたか。

ただ肉を焼くという作業にもいろんな工程があり、それぞれの部位で楽しみ方が違うということです。

ぜひスタッフのみなさんに、おすすめの焼き方や食べ方を聞いてみてはいかがでしょうか。

 

進化し続けるいきなり!ステーキ。

この増税期に、一部値下げした部位もあるそうです。

オープンしてすぐに行って以来行けてないよという方も、まだ行ったことないという方も、ぜひ気軽にステーキを堪能しに行ってみてはいかがでしょうか。

 

いきなりステーキ 今治店

いきなりステーキ 今治店

今治市北高下町3-2-28
0898-35-5092
営業時間    11:00~22:00(ラストオーダー22:45)
ランチタイム  11:00~17:00 ※平日のみ
定休日;年中無休