西日本最大の国際海事展「バリシップ2019」の全会場を振り返る。

Hirohito

今回で6回目を迎えるバリシップは過去最大展示面積を使用して5月23日から25日の3日間開催されました。今年は天気も良く3日間とも暑かったです。

オープニング

まず最初に、今治寿太鼓による歓迎演奏が行われました。

続いて関係者によるテープカットが行われ開幕しました。みきゃん・バリィさんも駆けつけていました。

最初の2日間は関係者のみしか入場できず、最終日(25日)のみ一般の方も入場できました。

今回開催された場所は、テクスポート今治フジグラン今治での「展示会場」、フジグラン今治センターコートでの「海のわくわく大通り」どんどび芝っち広場で繰り広げられた「まちなかワイワイ広場」、造船・舶用機器メーカー5社の工場見学が行われました。

展示会・セミナー

16か国地域から過去最多の約350社が出展していました。

愛媛県知事中村氏も出店ブースを回られ色々と説明を聞かれていました。

今治国際ホテルでは、「バリシップ2019国際会議」が2日間行われました。

工場見学会

檜垣造船波方工場今治造船本社工場、新来島どっく大西工場、BEMACみらい工場潮冷熱新都市工場の5社の見学会が行われました。

今治造船本社工場では朝早くから沢山の方が並ばれていました。

BEMACみらい工場の中に「みらいホール」が有り、バリシップに会わせてのみ見学が出来るようです。まだ見たことが無い方は、2年後見に行かれては良いですよ。

まちなかワイワイ広場

バリシップ2019が行われていた3日間「どんどび芝っち広場」でeスポーツイベント、グルメマルシェ、STU48ミニコンサート、Oikura酒場が行われました。(詳細:バリシップの期間中は芝っち広場

お笑い芸人さんを呼んでのトークショウも行われました。(詳細:バリシップ最終日は、吉本芸人さんも登場

海のわくわく大通り

フジグラン今治1F特設会場で、大学短大、企業、海事関連機関などによる展示や体験教室など各種イベントが開催されました。

コスプレをして記念撮影もしていました。

今治港

はーばりーのある港では、今年は「STU48号」が寄港して入港式が行われました。

24日には、船内の一般見学会も行われました。

その他にも色々と盛りだくさんのイベントが行われ大変賑わった3日間でした。
令和元年最初の大イベントは、大きな事故もなく無事終わりました。
次回今治で行われるのは、2021年です。今回参加出来なかった方は、次回参加してください。