みとん今治,竹あかり,竹アート,あかりARTプロジェクト,今治地方観光協会,金星川,はーばりー,今治城,愛媛,今治,ehime,imabari

530本の竹あかりが奏でる幻想的な世界。

アラーキー

みとん今治の代表してます!三十路まっしぐら!

新たな冬の風物詩に。

めっきり寒くなってきて、平成最後の年末が差し迫ってきております。

もう2週間ほどで新年を迎えるという年の瀬ですね。

そんな中、年末を彩るプロジェクトが始まりました。

その名も「あかりARTプロジェクト」。

はーばりー,みとん今治,イオンモール今治新都市,イベなび愛媛,ワールドプラザ,今治城,渡辺パイル織物,金星川

放置林を切り出し、一つ一つ穴を開け、ライトを通し、それぞれの場所に設置する。

その集合体が幻想的な雰囲気を醸成するというものです。

玉川から切り出した竹の数はなんと530本

そのオープニングの点火イベントが昨日開催されました。

はーばりーの広場にも配置されており、その前でのオープニングでしたが、寒空で小雨の降る中屋外でオープニングイベントが。

今治地方観光協会の代表理事である西原さんの挨拶に始まり、

今治市長の挨拶。

このころにようやくこんなボタンがあることに気付きました。

なるほど、これを押すと一気に全部つくのかと思わせるような大きさのボタン。

なんと来賓10名全てがコメントするという異例のオープニングを終え、みなさんがボタンの前に。

カウントダウン

一気に点灯しました。

竹のある場所は、現在ではこのはーばりーと、金星川。

はーばりーの広場はこんな感じ。

ぐるっと裏に回ると、さらに多くの竹が。

桟橋と、海とはーばりーの建物と竹あかりと。

ここにも素敵な空間が演出されています。

しかも大きな特徴はその竹のほとんどがそれぞれのデザインで彫られているということ。

好みの模様を探すのも楽しいかもしれません。

そして、

ミッキーがいることもあります。

どこかのテーマパークのように見つけるとおーってなるかもしれません。

ちなみに、発見しても特典はありません。残念。

そして、金星川にも多くの竹が。

遠くから見ると燃えているような雰囲気にも見えるこの光景。

どんどび側から橋にして4本目までの場所に展開しています。

ぜひこちらもお気に入りスポットを見つけて撮影してみてください。

昨日から始まっていますが、どうしても路上に長時間駐車したり、三脚をでかでかと構えて歩行する道を半分以上ふさいで撮影したりする人を見かけます。

商店街には夜になると人が少ないからいいと考えるのではなく、長く継続してこrからもこのような素敵な企画を続けていけるためにも、マナーを守って、みんなでこのプロジェクトを守っていきましょう。

期間は、金星川が12月17日〜25日まで。その後今治城が12月30日から翌年1月3日まで。はーばりーは12月17日〜翌年1月13日までとなっております。

つまり初詣時には今治城にもあることになりますので、今年の年末年始は竹あかりで楽しめそうですね。

ぜひみんなで長く楽しめるプロジェクトにしていきましょう。

あかりARTプロジェクトHP