来月で6周年を迎える2022年も、みとん今治をどうぞよろしくお願いします!【新年挨拶】

2022年1発目はごあいさつと決意表明みたいなもの。

 

明けましておめでとうございます。

今日から仕事始めの人も多くいらっしゃるかと思います。

どんな年末年始をお過ごしでしたでしょうか。

今年はいくらかお出かけするチャンスもあったように思います。帰省を控えていた人も今年こそはと戻ってきてたんじゃないでしょうか。

 

みとん今治は昨年2016年にスタートして以来初の「3日間記事をお休みする」という大事件を経験しました。

今年は、年末年始で「4日間記事をお休みする」ということにしました。

いろいろと変化しながら長く続けていければと思います。

 

またみとん今治は2021年の2月には6周年を迎えることになります。

いつもご覧いただいているみなさまと、取材に快く応じていただけるみなさまのおかげでここまで続けることができています。

今年もどうぞよろしくお願いします。

 

せっかくなので、今年2022年はこんなことするよ〜っていうのを一つ決意表明みたいな形で宣言し、それをいかに具体化していけるか。

一つの目安として発表しておきたいなと思っております。

 

1、YouTubeは年間50本を目標に

2020年にYouTubeチャンネルをスタートさせ、770名を超える方々に登録していただき、少しずつ再生回数も増えてきている状況です。

現在動画の本数は50本ちょっと超えたあたりということで、それを2022年は年間50本を目標に更新していきたいと思います。

もちろん登録者数1000人は目指しながら、動画をしっかり更新していきます。

コロナの行方次第で少し変動はあるかもしれませんが、ラジオもShortsもどちらも合わせて50本を目標にしていきます。

 

2、Instagramも100投稿を目標に

今まで随分とInstagramの運用はサボっていました。

アカウントがあるだけで、全然投稿は進んでなかったりしました。

それを、今年はやります。

ちゃんとやります。

できれば毎日投稿したいくらいなんですが、ちょっとそれはいいすぎる可能性があるので、100ということにしておきます。

おしゃれな投稿にはならないとは思いますが、今治を少しずつ切り取っていければと思います。

 

3、紙媒体の取り組み

なかなか実現できていないのがこの分野。紙媒体。

2022年も三度目標を掲げ、紙媒体でのフリーペーパーなのか何なのか。

Web以外でのコンテンツを充実させていこうと思っております。

 

4、さらなるみとん今治のコンテンツ強化

こちらはもう毎年言っていることではあるんですが、繰り返しですね。

みとん今治内のコンテンツはもちろん、外部と連携を強化していくことで、今治のいろんなところをつなぐことのできるプラットフォームになれるように、精進していきます。

 


最初にも触れましたが、2022年の2月でWebサイトみとん今治は6周年を迎えます。

6年と聞くともうそんな前かという気持ちにはなりますが、劇的な変化こそ起こせてはいませんが、少しずつでもよりよいコンテンツ作りと見てもらえる努力をしていきたいと思います。

とりあえずやれることは全部やります。

 

6年経っても、みとん今治が当初に掲げた目標には遠く及びません。

むしろ遠くなっていく数字もあります。

目指す先はまだまだ遠く、遠いがゆえにやれることはたくさんあります。

 

ぜひいろんな切り口で楽しむ今治を、今年も一緒に楽しんでいきましょう。

 

2022年もどうぞよろしくお願いします。

 

関連記事一覧

イベント情報を募集しています。

掲載は無料!

みとん今治では、イベント情報をイベントカレンダーに無料で掲載することが可能です。ぜひいろんな情報をお寄せください。

イベント情報

11月 2022 のイベント

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
2022.10.31 2022.11.1 2022.11.2 2022.11.3 2022.11.4 2022.11.5 2022.11.6
2022.11.7 2022.11.8 2022.11.9 2022.11.10 2022.11.11 2022.11.12 2022.11.13
2022.11.14 2022.11.15 2022.11.16 2022.11.17 2022.11.18 2022.11.19 2022.11.20
2022.11.21 2022.11.22 2022.11.23 2022.11.24 2022.11.25 2022.11.26 2022.11.27
2022.11.28 2022.11.29 2022.11.30 2022.12.1 2022.12.2 2022.12.3 2022.12.4