海と緑が近くに感じられる、大三島の古民家一棟貸ゲストハウス・オオミシマスペース。

古民家と緑と、海と。

素敵な宿泊施設をご紹介します。

今治に住む人にとっても、別荘へいくような感覚を持てる、そんな宿泊施設「オオミシマスペース」さん。

今治の人が、今治へ泊まるという体験こそ多くはないものの、ちょっと非日常を感じられるような、そんな場所としては最適だと思います。

まず、この佇まいからしても、古民家に芝生に緑。

これだけでも十分魅力的な場所なんですが、

奥の道路を超えるとすぐに海。そしてしまなみ海道が望めます。

古い民家だとなぁ・・・と敬遠がちのみなさん。

ここから素敵な中の様子が覗けます。

まずはHPの写真からご覧ください。→HP

こちらはまだできて間もない場所でもあるので、全てが綺麗です。

一棟貸しというスタイルで、お値段は一人2500円プラス、平日・日曜が12000円、土日、連休が17000円というお値段です。

今回は7名で平日の利用だったので、7名×2500円+12000円(税抜)となります。

一人4500円ほどになりました。

和室が2つあり、畳にお布団スタイルですが、これも寝具が寝心地バツグンでした。

外を見ながらお話でも、なんて乙なシチュエーションも作ることができます。

お昼はひなたぼっこです。

HPにもありますが、キッチン周りの設備の充実が素晴らしいです。

最低限のキッチン道具はもちろん、無料の緑茶やコーヒーなど。

基本的にはなんでもあるというイメージでした。

一つの注意事項としては、大三島の島の中のスーパーがだいたい19時半までにほとんど閉まってしまうので、それまでに買い出しをすませておくことくらいです。

それ以外、不自由はありません。

テレビはつながっていませんが、大きなテレビは設置されていますし、スピーカーもあります。

洗濯機もありますし、お風呂も広くて綺麗です。

使用後ですみません。

なによりもみんなのお気に入りスポットはこちらのテラス席。

芝生はもちろんですが、夜などはこちらでもゆっくりくつろぐことができます。

実際BBQ用品の貸し出し(有料)なども行っており、本当にいろんな楽しみ方が可能となります。

水周りの施設は全てが清潔で綺麗です。

古民家の外観からはかけ離れた施設内の綺麗さです。

ぼくたちは見事に19時半ギリギリにスーパーへの買い出しを終了し、鍋を。

広々とした空間と、綺麗な室内で、わいわいと宴会を楽しみました。

古民家である部分も多く残っているので、その新旧の融合が見事にマッチしていて、居心地のいい空間でした。

夜はもちろん静かなので、虫の声を聞きながらぐっすり。

翌朝の芝生は、思わず寝転びたくなる快晴。

オオミシマスペースを余すところなく楽しむことができました。

BBQ用の貸し出しセットもあるみたいですし、まだまだ楽しめる余地はありますので、ぜひいろんな用途で楽しんでみていただければと思います。

今治に住む人でも、一度は行きたくなるそんな宿でした。

詳細はぜひHPをチェックしてみてください。

 

オオミシマスペース

オオミシマスペース HP

今治市上浦町甘崎 1538
0897-72-8825(担当:増田)

関連記事一覧

イベント情報を募集しています。

掲載は無料!

みとん今治では、イベント情報をイベントカレンダーに無料で掲載することが可能です。ぜひいろんな情報をお寄せください。

イベント情報

1月 2022 のイベント

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
2021.12.27 2021.12.28 2021.12.29 2021.12.30 2021.12.31 2022.01.1 2022.01.2
2022.01.3 2022.01.4 2022.01.5 2022.01.6 2022.01.7 2022.01.8 2022.01.9
2022.01.10 2022.01.11 2022.01.12 2022.01.13 2022.01.14 2022.01.15 2022.01.16
2022.01.17 2022.01.18 2022.01.19 2022.01.20 2022.01.21 2022.01.22 2022.01.23
2022.01.24 2022.01.25 2022.01.26 2022.01.27 2022.01.28 2022.01.29 2022.01.30
2022.01.31 2022.02.1 2022.02.2 2022.02.3 2022.02.4 2022.02.5 2022.02.6