今治は注意報レベルに。年末年始はインフルエンザの予防にも注意を。

アラーキー

みとん今治の代表してます!三十路まっしぐら!

今治は注意報レベルに。感染予防を。

師走の勢いが、年末年始の慌ただしさにかわりつつあります。

そんな中、流行の足跡が聞こえてきているのがインフルエンザです。

学級閉鎖も出てきているようですが、一層の注意が必要になるかと思います。

全国的にも多くの患者数が観測されているようですが、愛媛県とくに今治市でも注意報レベルとの患者数に達したようです。

愛媛県庁HP 

少しでも感染を防ぐことができるように、自身でできることはやっていきましょう。

<感染を防ぐために>

○流行前のワクチン接種
インフルエンザワクチンは、感染後に発症する可能性を低減させる効果と、発症した場合の重症化防止に有効と報告されており、日本でもワクチン接種をする方が増加する傾向にあります。

○外出後の手洗い
流水・石鹸による手洗いは手指など体についたインフルエンザウイルスを物理的に除去するために有効な方法であり、インフルエンザに限らず接触や飛沫感染などを感染経路とする感染症の対策の基本です。

○適切な湿度の保持
空気が乾燥すると、気道粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。特に乾燥しやすい室内では、加湿器などを使って適切な湿度(50~60%)を保つことも効果的です。

○十分な休養とバランスのとれた栄養摂取
体の抵抗力を高めるために、十分な休養とバランスのとれた栄養摂取を日ごろから心がけましょう

また、感染を広げないためにも、マスクの着用や、咳エチケットなどを心がけましょう。

 

忘年会などで外出が増える時期でもありますので、ぜひ体調管理や、周りへの気遣い、体調の変化を感じることなど。

年末年始を楽しく過ごすために、ご注意ください。

愛媛県庁HP