FC今治ファン感謝祭!写真多めだよ!

雨にもかかわわず大賑わい!

先日12月4日(日)に、JFL昇格を決めたFC今治がファン感謝祭を行いました。

dsc_0277

途中からはかなりの大雨にもかかわらず、この人だかり。

dsc_0325

SAI&Coのテラスにも大勢の人が。

どこの有名ミュージシャンくるんやろっていうレベル。

晴れてたらどないなるんやろ。と心配になるくらい。

dsc_0326

ステージ前と、雨やけど見たい人が屋根のあるところで声だけでも聞きたいという人がいっぱい。

たまらんですね。

どんだけの人が見にきてたんやろ。

嬉しいことですね。

dsc_0274

元気になった岩脇選手を筆頭に、背番号順に選手が一人ずつ壇上へ。

dsc_0293

土井拓斗選手の・・・

dsc_0294

武藤敬司。

dsc_0300

斉藤誠治選手の・・・

dsc_0301

「斎藤さんだぞ。」

後ろの人たちキョトンですけどね。

流行語大賞ノミネート作品を取り入れるあたりが渋いですね。

dsc_0320

この爆笑は誰かが笑かしたのではなく、吉武監督の勘違いで盛り上がるシーン。

いい笑顔ですみんな。

それぞれ個性の溢れる登場を見せてくれました。

dsc_0322

そして岡田オーナーをはじめ、

dsc_0327

吉武監督、

dsc_0329

金井龍生キャプテンも今シーズンの応援に対する感謝と、来シーズンに向けた抱負をそれぞれ語っていただきました。

ただこの日のメインはこんな壇上の上から距離のある感じではなく、選手と近くでいろんな遊びをできるというイベント。

それぞれの会場でいろんな催しが行われました。

まずはじめにみんなが行列を作ったのは、おんまくレモンのホットレモンの無料配布。

dsc_0339

ここには中野圭選手渡辺亮太選手や、

dsc_0337

桂太希選手と、田野内和輝選手が配布に参加しました。

お気付きのように、この日はみんなが右胸に名刺を貼り付けて自分の名前をアピール。

ただもっとおっきく名前だけ貼り付けてたほうがいいような気もしましたけどね。

dsc_0341

そして2階のイオンホールでは、ファン交流イベント。

まずはフラフープの通り抜け。

dsc_0342

桑島良汰選手

dsc_0347

田野武史選手ら10数名が参加し、大人から子供までみんなで手をつないで楽しそうに挑んでました。

dsc_0352

そのあと岡田オーナーの登場で、知恵を使ったゲームの開始。

頭の良い選手たちばかりでした(?)が、一発で成功とはならず、

dsc_0349

でも水谷拓磨選手も楽しそうに、

dsc_0351

小野田将人選手も真剣に、みんなで挑戦していました。

dsc_0353

そしてこちらは指を離さないで下に徐々におろしていくゲーム。

dsc_0354

岡田オーナーも厳しいチェックが入りながらの・・・

dsc_0357

最終的には、

dsc_0359

見事成功??

大人から子供までみんなで楽しめる交流イベントでした。

dsc_0363

この人の量と老若男女。

大盛り上がりでした。

dsc_0365

そしてスポーツオーソリティでは1日店長のたすきをかけた岡田オーナーのところにサインを求める人が行列を。

dsc_0366

いつもここで働いている岡山和輝選手もステッカーを配っていまいした。

dsc_0368

そして屋外ステージではキックボーリングも開催されていました。

運営は金子雄祐選手と、岩脇力哉選手

dsc_0375

両指でのリアクション。

dsc_0377

丁寧なピンの設置。

緩急がいいですね。

dsc_0387

そして本来屋外で行われる予定だったボール回しとリフティングの場所がわからず、見つけたころには終わってましたがなんとか最後には間に合いました。

選手たちが小さい子供とめっちゃ楽しそうにしてるの見ると微笑ましい限りですよ。

そしてそのあとは選手全員プラス、岡田オーナー、吉武監督のサイン会。

用意してたサイン色紙が売り切れるほどの大行列で大繁盛。

もう時間が足りんという人も多くいたんじゃないんでしょうかね。

dsc_0403

会場には過去のシーズンの写真や、今シーズンの写真の数々。

そして歴代のユニフォーム・・・。

dsc_0402

これ担架いりますね。

dsc_0405

今シーズンで退団する選手たちへのメッセージも同時に行われ、

dsc_0404

今シーズンの優勝カップの展示。

真ん中のものはSVホルンカップのトロフィー。

これはなかなか持ってるチーム少ないですよ。

dsc_0399

やはり会場で目立ったのは小さい子供たち。

dsc_0401

みんなが我先にとサインをもらいに走っていました。

dsc_0400

なんかその姿を見ると涙出ますよ。

少しずつですが、確実に文化が生成されるという証拠なのかもしれません。

そしてこのサイン会のあと抽選会という流れでした。

最後の抽選会は参加できませんでしたが、いろんな賞品があったのできっと大盛況だったでしょう。

そしてコアなファンにとってはこの日はかなり特別な日。

今シーズン限りで退団する選手たちはこの日がファンと接することのできる最後の機会だったと思います。

1年しかプレイできなかった選手、FC今治の前身からプレイしていた選手。

いろんな想いが入り混じったファン感謝祭だと思います。

チームとして次の新たなステージにいくため、さらには個々人が新たなステージに進むために、決定されたことだと思います。

なのでできるだけこの感謝祭では全員の写真を撮ろうと頑張りました。

が、いまいち全員を綺麗に撮りきれてません。

ご了承ください。

ここからは今シーズンで退団が決まりました選手の笑顔たちです。

dsc_0398

奥の変な人が気にはなりますが、一番右側が背番号7番堀江修平選手

dsc_0395

真ん中のイケメン選手。背番号11番桑島昴平選手

dsc_0347

そのお隣も長身のイケメン選手。背番号13番田野武史選手

dsc_0410

こちらもFC今治唯一の口ひげイケメン。背番号16番高橋康平選手

dsc_0389

ステージ上で武藤敬司を披露した背番号17番土井拓斗選手

dsc_0392

最後までファンの子供達と触れ合ってた背番号19番乙部翔平選手

dsc_0411

FC今治の歴史を知る数少ない存在。背番号22番高田大樹選手

dsc_0420

背番号24番菅原悠平選手

dsc_0432

背番号25番坂本航輝選手

dsc_0311

背番号27番下村和真選手

dsc_0406

高卒コンビの左側が背番号28番桂太希選手

dsc_0431

背番号29番竹本伊吹選手

dsc_0417

背番号30番田野内和輝選手

dsc_0352

横顔ですみません!右側はGK背番号31番福山直弥選手

これでおそらく見納めの人も多いと思います。

中にはサッカー選手としての現役を引退する選手もいます。

非常にシビアな世界で、JFL昇格を決めた数日後には去就が本人たちに告げられたと聞いています。

これがプロの世界、もしくは全国的な注目を集めるFC今治の定めなのかもしれません。

多くの選手が自身のSNSなどで「家族」と表現する今シーズンのFC今治。

この団結力があったからこその苦しい戦いを勝ち抜けたのかなと思います。

選手もファンもスタッフも、いろんな想いが詰まってると思います。

今治にいい想いを抱き、また来たいと思ってもらえることこそ、交流人口の増加、地域おこしにつながるものです。

そういった意味での今治まるごとのバックアップ体制が非常に重要になってくるんじゃないでしょうか。

ある選手の言葉を借りると、「退団した選手の思いを背負う」覚悟で、来シーズンに挑む選手たちは新たな舞台での活躍が必要になります。

dsc_0323

来年からは全国でその名を広げていくことになります。

来年の9月には新スタジアムも完成し、、新しい挑戦が始まります。

「5,000人のスタンドを満員にする。」

選手、監督、社長、スタッフみんなが口にする言葉です。

岡田オーナーが今治にやってきてまだ2年。

どこまでいくかは想像もつきません。

ここまでの2年間はさすがという他ありません。

とにかく来年は岡田オーナーの言う、1年でJ3昇格に向け、オール今治で盛り上げていきましょう。

FC今治HP

関連記事一覧

イベント情報を募集しています。

掲載は無料!

みとん今治では、イベント情報をイベントカレンダーに無料で掲載することが可能です。ぜひいろんな情報をお寄せください。

イベント情報

5月 2021
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
2021.04.26 2021.04.27 2021.04.28 2021.04.29 2021.04.30 2021.05.1 2021.05.2
2021.05.3 2021.05.4 2021.05.5 2021.05.6 2021.05.7 2021.05.8 2021.05.9
2021.05.10 2021.05.11 2021.05.12 2021.05.13 2021.05.14 2021.05.15 2021.05.16
2021.05.17 2021.05.18 2021.05.19 2021.05.20 2021.05.21 2021.05.22 2021.05.23
2021.05.24 2021.05.25 2021.05.26 2021.05.27 2021.05.28 2021.05.29 2021.05.30
2021.05.31 2021.06.1 2021.06.2 2021.06.3 2021.06.4 2021.06.5 2021.06.6